●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

【掲載 回顧編】注目馬トーセンスターダム 

OJISAN-80.png
当然の注目馬トーセンスターダム
デビュー戦でリバーソウルを競り落とした雨の新馬戦に見た
あの叩き合いは迫力満点の勝利。道悪兼用の脚元であることも
将来に大きな期待を抱かせる1頭。一気に相手は強くなりますが、
個人的にも大いに期待し、同馬を狙い打ちたいと思います。
勝負の1鞍となります。
こんなに多い買い目?と思われましょうけれど、
私は常々この辺までは考察します。
結果が出て、あとの祭ではどうしようもありません!
私は複合馬券として、一通り買い、
あとは時間が許す限り狙いの馬券を検討します。
買い目はバリエーションとして参考にしてください。 

直前パドックの見極め
心肺機能が高そうだ。
将来が楽しみである。 

軸 馬 09トーセンスターダム
U-2-KURO-BO.png
結 果 9-6-7
軸 馬 09トーセンスターダム 的中○1着
ワイド 9>5,7 以上2点 的中○ 7-9 330円
三連複 (7,9)1,3,5 抑え2,6,8 的中○2220円
三連複 (5,9)1,3,7 抑え2,6,8 
馬 単 9>1,5,7 
馬 単 9><5,7
01_おじさんコメント
私は勝負馬券をワイドとし、トライ。
5番がハズレましたがきっちりトーセンスターダムが
ウムとも言わさず勝ち上がってくれました。
2014年、間違いなく同馬が活躍する逸材だと思います。
wide9_5_7

こちらは、
阪神05R(芝1600) 新馬戦
結果 14-9-8
買い目候補
枠 連 2>4,5,6,7
枠 連 7>2,4,5,6 5-7◯的中1,730円
枠連抑えbox 2,4,5,7 5-7◯的中1,730円
01_おじさんコメント
18頭多頭数、軸馬の推奨無しでトライしたレースでした。
どの馬が勝ってもおかしくないメンバー構成?
私は14番に保険を掛け9番を狙いに行き、
結果成功でしたが、
複勝を狙う場合、多頭数では滅多に買いません!
何かに誘われて、購入した複勝馬券。
1着◯14番 450円(3番人気)
2着◯09番 460円(4番人気)
これは上手く行き過ぎで、滅多に買わない馬券が
運良く2頭とも的中してしまった1例で、
計画的にハメに行こうと思った訳ではなく、
そういう意味では反省しきりの馬券、印象に残った馬券でした。

こちら、
阪神06R(ダ1200) 新馬戦
結果 10-6-2
OJISAN-50.png
直前パドックの見極め→共に仕上りまずまずも1頭に絞れず?
買い目候補
軸馬 ▲12テーオーソルジャー 5着
軸馬 ▲10メイショウワゴン ◎1着
三連複(10,12)1,2,3,4,6,9
馬単抑え 12><6,9,10
馬単抑え 10><6,9,12 10-6◯的中2,030円
三連単マルチなら(10,12)6,9
01_おじさんコメント
軸が1頭に絞れず、検討の時間も無く、余り買いたくないボックス馬券
推奨した買い目とは少し違ってますが、今後も 各自サジ加減して頂く
レースの買い目も出てくるでしょうが、
その辺は宜しくお願いします。
uma_tan_6_10_12

01_おじさんコメント
結構幅広く買い目を出しますが、
先ず可能性ある買い目を出しておかねばならないと思うのです。
やっぱりあの方向の買い目は有りだったとか、
必ず出てきますから、
それと、仕上っていない馬は、走らないということもありません。
そういう匂う穴馬や人気薄の激走は、日常茶飯 何度も繰り返し
出てきますから、手を出して買っておくのに越したことはありません。
競馬ってそういうところが多々ありますから、
保険掛けや、念の為ってことで、抑える必要があります。

年末23日の阪神9R、万両賞では
カンカン1点勝負でハマりましたが、
そういうメンバー的に背景の揃ったレースは、そうあるものではなくて、
やはり多くのレースでは、紛れが必ず生じます。
それと、
複勝は、カンタンな馬券ではありません!
私の主観ですが、きっちり馬券にハメるということは、
利益を生みます。
簡単にお金は儲からないし、大変なものだと思うからですね、
しかし、条件が揃えば無限大にチャンスが広がります。
間違いなく絵に描いた様にハマる馬券も存在します。
その正体こそが、競馬は総合芸術であり、
馬券もまたそうであるとしか思えません。
そこに行き着きたいものです。
来年は、もっともっと 頑張りますよ!!!

コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 結果
<< 番外編~プライベート日誌・・・

2014新年1月5日のお年玉レース【京都9R福寿草特別】 >>

この記事のコメント

<< トップページ

次のページ >>
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

<< トップページ

次のページ >>