●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

●何の為に〜 ●G1フューチュリティS

01_おじさんコメント
●G1フューチュリティS
歴代10年勝ち馬の馬体重
(−8/−4/+2/+6/+8/+10)+12㎏の3着馬がいる

アドマイヤマーズ
エメラルファイト
グランアレグリア牝
クリノガウディー
ケイデンスコール
ファンタジスト
マイネルサーパス

2017年 回顧※一部抜粋
ダノンプレミアムにディープ産駒の遺伝子が色濃く反映されているの
なら、ダービーへという流れもあるだろう〜 馬体構造はどう見ても
マイル系である。しかし 父ディープインパクトはそうではなくオール
ラウンドの規格外。同馬もその資質が詰まっているのかがこのマイル
戦である程度解る。最内1番は間違い無く極端な枠である。どういう
コース、どういう戦略で運ぶのか、そしてそれに応えられるだけの馬
であるのか?その興味は尽きないのだが、ここでも難無く勝ってしま
う様なら、また1頭ディープ産駒から怪物の出現となるだろう。
違う意味での規格外、胴短かつ短足馬★3タワーオブロンドン、この
馬は単なる短距離馬ではない身体能力がある。もしこの馬が連対を果
たすのなら、規格外はこの★3タワーオブロンドンである。主観では
タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、ダノンスマッシュ、ステルヴ
ィオの4頭戦が濃厚。
※パドック後に積んだ馬券を含む
FS

●馬体診断(初期の頃)の構造部位の参考資料/イラスト
馬体診断

近代競馬では調教過程や馬具、血統に至るまでも生き物の様に変化
しサラブレッドの馬体構造もディープインパクトの出現により、距
離適性の可能性が大きく拓けた印象。産駒に見る独特な馬体構造は
縦横無尽万能と言わしめ、新たな扉をノックし、見事に解放した。
この可能性を受けてか
●キンシャサノキセキ産駒から出現した怪物=イスラボニータ
●サクラバクシン産駒の大怪物=キタサンブラックという血統の規
格外が出現し、これでもかという結果を残した。
そして産駒ロードカナロアから出現した●アーモンドアイの衝撃と
どこまでもサラブレッドの道は続いてゆく・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビューした2歳馬は、年を明けるて3歳となる。さて今年2018
年は 牝馬のレベルが結構高く2019年クラシック戦線は花盛り・・
見応えあるレースが期待できる。引退した怪物たちが用意した血の
ルーツからも、規格外の素質馬が出現するかも知れない。

●何の為に
競馬に参戦するのかと問いかける

その答えがここに在りそうです。新馬戦のモニタ―パドックを顔
見・・・新たな怪物と出会う為に、その馬の激走を予想する。
新馬>未勝利>500万>1000万>オープン>G3、G2、そし
てG1戦線栄光の晴れ舞台へと駒を進め、頂点である日本ダービ
ーを目指す。
私はこのシンプルな流れがとてもいい。

●馬券とは何なのかと問いかける
私の馬券は【軸馬ありき】軸馬が馬券であると言っても決して言
い過ぎではない。未知成なるものを予想する。的中すれば配当と
いう恩恵が付いてくる訳です。ダブルでシビレる。

●その為に
何をすれば善いのかを知る

馬は生き物 天気は魔物
的中馬券に向かう道しるべがこの原理原則に在ると信じます。高
性能のエンジン、馬体構造を持ち激走好走する馬を見極める醍醐
味、繰り広げられるサラブレッド、そのアスリートたちの戦い、
勝負は何ともダイナミズムに溢れています。

●競馬はそこはかとないく総合芸術的
そのダイナミズムを会員様と一緒に味わいたいと思います。



尚、当方からパスワード4桁、及び重要なご連絡以外の
広告宣伝に関するメールは一切送信致しません。ご安心ください。

お申込みは コチラ



↑↓ランクアップにご協力お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想
<< ●G1FS=馬体/◎◯▲軸馬推奨=的中結果

結果 12/9日 会員様【パスワード】 G1阪神ジュベ >>

この記事のコメント

<< トップページ

次のページ >>
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

<< トップページ

次のページ >>