●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

やばいやばい/勝ち負け結果の裏には必ず根拠がある

01_おじさんコメント
勝ち負け結果の裏には必ず根拠がある

やばいやばい・・・
ヤバイヤバイ がすっかり近年日常会話の主流
この三文字には なるほど上手く集約されているのだが
中学生から社会人まで何でもヤバイヤバイと使い回し
とっても軽い流行言葉の掛け言葉になった。
私もついついつかってしまうのだが・・・
反面
~~のでェ・・・
~~するのでェ・・・
〜〜だしぃ・・・

上から目線のお子様言葉も大流行!!!
アスリートさえその有り様お手上げ状態〜
昔、
先輩達から、そんな言い方すれば散々注意され
生意気な言葉をつかうなと怒られた。
偉そうな言い方するなと叱られた。
ヤバイとは違い、これらはすべて間違ったつかい方。
目下の人間が、目上の人間につかうものではないと言われ育った。

欧米化崇拝が加速したせいで、言葉つかいにも
大きな変化が生じてしまったのだろうか???
言葉の秩序が崩壊してしまったのだろう!!!
メディアは起こった天災災害の結果だけを垂れ流し
その根拠を決して伝えようとしない。
メディアは起こった現象を伝えるという使命がある。
それは単なる入り口で、それだけではもう古い。
視聴者の多くは【なぜなのか?】というその先の理由を求めている。
根拠の追求無しに、その正体は曖昧なまま 闇の中・・・

競馬の世界はどうなのか?
新馬=しんま>近年では、しんば
馬主=うまぬし>近年では、ばぬし
馬券=うまぬし>近年では、ばけん という言い方も正しく受け入れられた。
恐らく業界以外の人々にしか正しく読めなかったので
この様に受け入れられた経緯はおおよそ理解できる。

競馬=馬券
結果の裏には必ず根拠がある。
メディアは露骨に(馬が悪い)なんて言えないのは当然の事。
それでもグリーンチャンネルの馬体解説者は強気。
仕上っていない。などとハッキリ言い切っている方も居るのは立派。
しかし、言い切り過ぎれば陣営厩舎の方には失礼になる。
難しいところですね・・・

その時々に起こる 正体は何なのか?
今週もそれを解き明かしていきたいと思います。
コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想
<< 今週〜調教を終えた 変則三日開催の馬たち

パドック 馬の歩様 >>

この記事のコメント

<< トップページ

次のページ >>
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

<< トップページ

次のページ >>