●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

劇的大逆転 ワグネリアン 日本ダービー(回顧)

01_おじさんコメント
劇的大逆転 ワグネリアンの素質

私としては三着に絡めなかったダノンプレミアム、それだけが心残り〜
ワグネリアンの馬体と(ダイワメジャー産駒でしたが)ダイワスカーレ
ットの馬体、特に異様にも見える腰高の強烈なヒップアップが重なりま
す。ましてやこちらはディープ産駒、走らない訳がないと真実続けた結
果、それを人馬一体で証明してくれました。45年に渡る私の記憶にも
このダービーは感慨深いもの・・・また新しい記憶に刻み込まれました。

三連複極少馬券なら(17)1,5,6,7,9,12,13,15/28点 ◯521,600円
三連複極少馬券なら(17)1,5,6,7,8,9,10,12,13,15/45点 ◯521,600円
ワイド1点 1-17 不的中
この示唆はイレギュラー馬券の一考として示唆した1頭軸
(1,17)の1ダノンが消えた場合ありとしたもので
会員様購入は各自の精査〜公式のものではありません???
私は複単勝負、購入しませんでした。

1つ、
水面下の考察が見事にハマったアクターでは
金曜日の先行考察では、今回の重要項目であるマイ データ5つの鍵
(1)ディープ産駒
(2)究極の馬体重 ★★★ −2〜−4㎏
(3)10番から内枠=共同通信杯/東スポ
(4)皐月賞は道悪=良馬場一変可能
(5)キャリア4戦〜5戦
10番から内枠濃厚だけは外れましたが
特に【東スポの覇者】【共同通信杯の覇者】東京コース1800m
この経験馬は有力候補、上位組みであるという結果
特に今回【東スポの覇者】ワグネリアン、
穴的有効枠番では5679番を上位候補に置いた点
まさに点と点が線となった印象が強い。

2つ、
1着〜3着馬が公言させて頂いた(ー2㎏〜ー4㎏)
究極の馬体重で決まったのも劇的な重いです。
1着ワグネリアン   (ー2㎏)
2着エポカドーロ   (ー2㎏)
3着コズミックフォース(ー2㎏)
これには私も驚いた次第、ドラマチックでしたね!
私の競馬人生に於いて、この馬体重の発表が無ければ
先ず競馬に取り組んでいなかった。これがあるがゆえに今があります。

3つ、
馬券の方は 1〜と17〜
12番エポカドーロを連対外としたのは、全体のバランスが
比較的胴短のシルエットを醸し出し、厳しいと診た次第
思い切って今回は絞り込んだがゆえの理由。

月ようダビ

だーび



G1●公式戦【軸馬】戦積

(1弾)フェブラリーS▲10テイエムジンソク12着 ×
(2弾)高松宮記念◎09ファインニードル 【1着】◎

(3弾)大阪杯 ◯15スワーヴリチャード 【1着】◎
    激走期待★08アルアイン     【3着】◯

(4弾)桜花賞 ◯01ラッキーライラック 【2着】◯
    第2推奨▲09リリーノーブル   【3着】◯

(5弾)皐月賞 ▲15ステルヴィオ   4着>460 条件外
    第2推奨★10ジェネラーレウーノ 【3着】◯

(6弾)春天皇賞◯11シュヴァルグラン  【2着】◯

(7弾)NHKマイル◯タワーオブロンドン  直線進路無し着外
    注目馬★11ケイアイノーテック  【1着】◎

(8弾)VM非公式戦★6レッドアヴァンセ 【3着】◯

(9弾)オークス▲02ラッキーライラック 【3着】◯

(10)ダービー◉01ダノンプレミアム   6着×
    キモ馬推奨★17ワグネリアン   【1着】◎

(11)




尚、当方からパスワード4桁、及び重要なご連絡以外の
広告宣伝に関するメールは一切送信致しません。ご安心ください。

お申込みは コチラ



↑↓ランクアップにご協力お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:2 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想
<< G1安田記念/開幕新馬戦〜リースタート日本ダービー

結果 5/27日 会員様【パスワード】G1日本ダービー東京・京都 >>

この記事のコメント

ワグネリアン、おっしゃる通り第3のギアを隠し持っていましたね!
2018-05-30 Wed 11:14 | サラ35
結果的に嬉しい悲鳴で本当によかったと安堵感一杯です。
このダービーが終わる瞬間まで私はまな板のコイと同じ、
予想生命も掛かっていますので、正直首を洗って出陣し
た次第ですよー。結果は誰にも分かりません?
信念で狙うというのはそういうことですね。ありがとう
ございます。感動しました さん・・・
2018-05-30 Wed 14:48 | 馬見人タカヒロ
<< トップページ

次のページ >>
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

<< トップページ

次のページ >>