●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

●チューリップ賞●弥生賞

01_おじさんコメント
◉開幕G1へのクラシックトライアル

土曜日●チューリップ賞
日曜日●弥生賞
※弥生賞は土曜日 会員様限定で先行考察をパスワード閲覧

土曜日(一般公開)●チューリップ賞/10頭戦

2017年末の阪神ジュベのワンツー馬
1着ラッキーライラック 2着リリーノーブル
この二頭がそのまま人気を背負うこととなりそうだが、好位先行
の戦略を立てて来る陣営の馬には注意しておきたい。それでも弥
生賞と同じく頭数が少ないだげに、外をブン回した差し馬でも十
分勝負に成る。
2017年はリリーノーブルが楽に抜け出し余力たっぷりでラッキ
ーライラックが難無く交わし去った。レース展開では今回も前へ
行き、抜け出しはかるリリーノーブルをラッキーライラックがマ
ークするのは明白、或いはリリーノーブルに変わる馬がその役目
を担う。前へ馬を置き、直線瞬発力勝負のキレ脚を持つ馬が差し
切るだろうと思う。この図式はチューリップ賞で大きく変化する
とは思えない。

日曜競馬(会員様限定)●弥生賞/10頭戦

週中では回避馬続出で最少5頭戦までになるのではと言われたの
だが、現時点登録10頭が居残った・・・
小回り中山では特に前へ行く馬が絶対有利なのは間違いない。
2017年はマイスタイルが終止レースを引っ張り、大外から豪快
にカデナが交わし去った。頭数が少なかったこともあり、大外か
らでも間に合った印象だが、勝つべくして勝った印象には映らな
かったしハマった印象が強い。終止2000mを引っ張ったマイス
タイルが強かったと言える。
去年のマイスタイルと同じく前で運ぶ馬ではサンリヴァル、ダノ
ンプレミアムであろう〜 ダノンプレミアムのスピードが上であ
るが、同馬は未知数の距離である。小回りの中山とは言え、今年
は短い直線でありなら、熾烈な叩き合いが予想される。

目下想定オッズでは4強
オブセッション
ジャンダルム
ダノンプレミアム
ワグネリアン
であるが、これだけの素質がいれば、大逃げ打つ馬も出て来そう
な印象〜 それでも上位の着順は大きく変わる事も無いだろう。
過去10年歴代の走破タイムでは、2016年に マカヒキがつくっ
た1599秒であるが、今年は恐らく軽くクリアーして来そうな気
配がある。

馬券優先のファンにはつまらないレース・・・
サラブレッドを愛するファンには胸ときめく部類のレース・・・



土曜日の先行考察では
各馬の馬体構造を解説、弥生賞に挑みたい。



尚、当方からパスワード4桁、及び重要なご連絡以外の
広告宣伝に関するメールは一切送信致しません。ご安心ください。

お申込みは コチラ



↑↓ランクアップにご協力お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想
<< 期間会員様へお知らせ

◉開幕G1へのクラシックトライアル >>

この記事のコメント

<< トップページ

次のページ >>
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

<< トップページ

次のページ >>