●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

(4最終)大阪杯 枠順決まる

01_おじさんコメント

(4)大阪杯 枠順決まる

上位馬が内中外と
見事に別れた・・・




●13アドマイヤビルゴ 道悪経験無し
●12グランアレグリア 安田記念> 秋天皇賞
●7コントレイル   宝塚記念>秋天皇賞
●2サリオス      安田記念> 秋天皇賞
●8レイパパレ   ヴィクトリアM>牝馬路線

これまでの大阪杯では、牝馬がチラホラ馬券に顔
を出し、遂に前年では牝馬のワンツーフィニッシ
ュ、3着があのダノンキングリーだっただけに、
非常に強い牝馬のワンツーだった。
▶︎過去歴代10年
馬券に絡んだ馬体重では
(下)454=クロノジェネシス牝馬
(上)540=キタサンブラック
今回、
この数字に入っていない
レイパパレ 牝馬424
アドマイヤビルゴ 428
この二頭が馬券に絡む様なら歴史的な結果となる。
コントレイル 456
グランアレグリア 牝馬502
サリオス 538
▶︎過去歴代10年
 内枠の殆どが馬券に絡んでいるが、最内1番と
 2番(2番の3着)はあるが連対は無く、特に
 最内1番の馬券絡みは皆無である???
▶︎近走5年の連対馬体重に於いては
 ー6〜+6=上下6㎏としている好走平均値の
 条件内に収まっているが、道悪だった5年前の
 2015年(道悪は)+10、ー8の馬がワンツー
 フィニッシュとなった。
 やはり道悪では諸条件が異なる。

●公式戦 GⅠ大阪杯
阪神11R(芝2000)
今週の大阪杯
キモ馬はグランアレグリアとサリオス
コントレイルはグランアレグリアに負けても世間
に言い訳立つが、サリオスに負ければ今後の状況
が一変する。グランアレグリアはここでもとの出
馬、しかし、走ればこの距離も勝ってしまうのか
・・・負ければやはり距離がねぇと2つの言い訳
が立つ。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●13アドマイヤビルゴ/道悪経験無し
道中は前を意識しながらの直線勝負、阪神の2戦
では共に勝ち越しておりコース適性は◯。相手を
じっくり見ながらのレース。切れ味は全く無いが
スロースパーターらしく垂れずに加速していく走
破スタイルである。一瞬のキレ脚が無いだけに、
見違える様な瞬発力を身に付けたのなら1%位の
脈はあるのではないかな。今後の馬造りに向けた
試走になる。レイパパレとどっちに軍配が上がる
のか・・・?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●12グランアレグリア
1200〜1600マイルでは怪物である。今回は20
00m・・・ 腹回り下部の可動域が広く(流れに
乗り脚を溜めれば距離は問題ない。トモの造りは
コントレイルとほぼほぼ同じ造形である。さすが
にディープ産駒であるとの印象。あとは力関係だ
けで、現状では割り引く必要が少ない。リスグラ
シューの背中を追う。
★一旦増えた馬体重は前走時の数字に戻っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●7コントレイル
少し丸みが付き出した。今まで通りの走りなのか
?4歳の秋にピークへ達するのか?、見た目は大
きな成長は無い。いづれは歴史的な馬になるだろ
うと思う。同馬の特長が、大丈夫かぁ〜?と思う
ほど当日パドックの馬体映りが悪い。それでも負
けないレースをする。エンジンの性能がいかに高
いかであるが、なぜあそこまで走るのか、まだ掴
みきれない???とにかく底が分からない???
★帰厩時 496>476>あと12㎏>当日へ・・・
恐らくここから絞れても466〜470前後になるの
ではないかと思う。グランを下せば事実上No.1
〜有馬記念まで1人気確実の金看板馬となる。こ
の経緯を知る知らないとでは深みが違ってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●2サリオス
馬体構造が最も変化したのが同馬である。重苦し
い腹まわりの肉が落ち スタイリッシュになった。
キタサンブラック同様に、常に異端の巨漢という
印象がある。538㎏ 540㎏ という馬体重が どう
なるのかが鍵になるだけに、増減した時、どちら
に転ぶのかは興味津々である。
★帰厩時 582>466>550の30㎏ ほど絞れた。
あと12㎏>いざ当日へ・・・この経緯を知る知
らないとでは深みが違って来る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●8レイパパレ
あれよあれよと(危なげなく)5つのステップレ
ースを楽勝でクリアして来た牝馬の若駒。全て1
人気をあっさりクリアしている。アドマイヤビル
ゴもそうだが、420 430㎏という体重は どうな
のか?・・・人気は上位三頭となってしまうのは
仕方ない。ダイワスカーレットを彷彿させる脚長
で強烈なヒップアップである。こういう造形は、
走る走らないのがハッキリしているだけに、面白
い存在である。ヴィクトリアMへ向けての検証に
なる。馬体がまだ幼いが奇跡が起こる可能性があ
るかも知れない???ヴィクトリアMへ向けての
試走=グランとの着差はどれ程なのか〜?



尚、当方からパスワード4桁、及び重要なご連絡以外の
広告宣伝に関するメールは一切送信致しません。ご安心ください。

お申込みは コチラ



↑↓ランクアップにご協力お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想