●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

◎上半期予想&結果総括 2014年1月〜6月1日

◎上半期予想&結果総括 2014年1月〜6月1日
OJISAN-kecca.png
1月スタートから6月1日の上半期が終了〜総括
その後半戦では軸馬が、全く予期せぬ頭数が外れてしまい軸の的中率も急降下、
予想は一貫して同じリズムを刻みトライしている中で、それでも

●リスクの対応が甘かったと思えたのが最内軸馬の不発。
これは常々リスクヘッジを考え注意していた重要考察の1つ。
最内1番と2番とでは目には見えない大きな違いがあります。
私も実際コースを2回ほど歩いた事がありますが、内に押し込まれると
ラチが迫ってくるのを気に留めながら・・・
逆に経済コースを廻れる利点も大きい、ただし上手く流れた場合。
されど、1日の中でイケルと弾き出したレースがソレならば、
少々のリスクが生じても、馬の力の方を信じ推奨馬に挙げて来ました。
総数では非常に極少なのですが、ココで決めねばならないレースで負ける事態・・・

●多頭数18〜16頭戦の軸馬推奨での単独追い(単勝複勝)には
推奨馬以外の人気馬が負けていった時、思わぬオッズが転がり込んで来ます。
ですが、リスクも同居している訳で、馬群に沈んだ期待馬もチラホラ。
この推奨馬のジャッジは結構難しいものがあり、
念には念を、三たび点検三たび検討というコトにおごりがあったかと・・・
会員様には結果が最優先の予想ゆえに、展開のアヤで負けても
それは単なるコメントに過ぎず、今週(西では)阪神開催に変わるステージ、
新馬戦も始まることもあり、全体のリスクヘッジを更に強化しようと思います。

●ここ数年、海外戦線へ出向く国内戦ではドル箱に相当する馬達が多くおり
凱旋帰国した時の重賞戦、その拾得が難しくなったと言えましょうし、今回、
ジャスタウエイは、更に初乗りとなる状況で多少割引かざるを得ませんね。

最も得意として来た阪神開催では、上のクラスから下級のメンバーと走る
クラス編制がありますが、コレはある意味コチラにとって、
良い意味で妙味となる局面が多彩だと思っています〜

●新馬戦では90%以上の確率で軸馬が好走してくれており
調教よりも本番で激走しそうな馬を挙げていきたいと思います。
馬券は少額でも三連複の妙味は捨て難く、
二桁人気でも平気で激走しますので、抜かりの無い軸を出そうと思います。

週中に安田記念G1カウントダウン掲載予定


↑↓ランクアップにご協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 結果