●たかひろ牧場●
馬見人タカヒロの【軸馬予想】
   
予想内容
期間会員の申込みはコチラ
●メッセージボックス●
   

【3】カウントダウンG1ジュベナイルフィリーズ


馬券の組み立てには様々な方向性があります。
想定の軸馬が、極端な最内や大外に入った場合が一番厄介?
最内はスタートよく先頭集団に取り付き易いのですが、
直線で、抜けきっていなければ、中目外から被せられ
ラチ沿いに押し込まれるという不利が起こる。
また、大外馬がスタート後、先頭集団に躍り出た場合、
前半に脚を使ってしまい、息切れするシーンが度々見られる。
ジュベは1600m、常識的に 先行馬は内枠、
差し追い込み馬は、中から外目の枠が理想的でしょうし
馬券を組立てる第一歩として、
私は常に展開のシミュレートを入念にします。
買い目で三連複を多く取り入れるのは、少々の人気薄であっても、
枠順の恩恵を受け激走する馬が出て来るからで、
多少買い目が多くなってもコストパフォーマンスを考えれば
十分妙味があります。
人気を分け合うであろう二頭、先ずハープスターは差し、
ホウライアキコは逃げ先行の脚質。
枠順と相談し、馬券の組み立てが成り立ちますね。
先ず展開と脚質、次に枠順を前提にすれば
馬券の選択肢、勝算のフレームが視えてきます。

来週の牡馬を中心としたG1、
朝日杯フューチュリティSよりも、私はジュベの方が
馬券の組み立ても、レース事態も、比較的分り易いと思うし、
先ず軸馬の選択がレースの勝算を分けるハズです。

コメント:0 | トラックバック:0 | New Tab | 競馬予想